中袋の書き方が難しいお葬式の香典袋

お葬式で香典袋を供える際に、香典袋の選択には気を配りますし、表書きも注意する人は多いのですが、つい気が緩みがちになるのが現金を入れる香典袋の中袋です。しかしお葬式を出す遺族にとっては中袋に書かれている情報は非常に重要です。

中袋に記載する姓名も大切ですが、数字の書き方には注意が必要です。例えば5,000円の場合、特に意識せずに洋数字で5,000円と書くことがあります。これは厳密に言えば正統的ではありません。香典袋や祝儀袋では、漢数字を使うのが礼儀とされており、5,000円であれば五千円と書くべきです。より正確には五阡円、厳密には五阡圓と書きます。こだわる方の場合は、数字の前に金、数字の後に也をつけて金五阡圓也としたためます。数字を旧字体で書き込むのは、後で数字を書き換えることができないようにするという目的があったとされています。

中袋には、金額だけでなく郵便番号と住所、氏名を明記します。お葬式が終わって香典袋を整理する段になると、お葬式の時には大切に扱っていた香典袋そのものよりも、むしろ中袋に書いてある情報が重要になります。これらの情報は遺族が会葬のお礼状を出す時に必須の情報となります。郵便番号まで書くのは細かすぎるのではないかと思われるかもしれませんが、書いてなければ遺族が調べなければなりません。お葬式で疲れ切り、悲しみに沈みがちな遺族の負担を少しでも軽くしてあげることにつながりますので、詳しく記載することがむしろ親切な配慮となるのです。