お葬式の香典袋の表書きは出来る限り薄墨で

お葬式で差し出す香典袋には表書きをしたためます。その際、普通の濃い墨ではなく薄墨を使うことを忘れると礼を失するとされてきました。なぜ香典の表書きは薄墨で書くのでしょうか。古来より、突然の訃報の接し、香典袋の表書きをしたためようとしたが余裕がなくて墨を十分に擦ることができず薄い墨文字になってしまったという意味合いがあるとされてきました。通常の墨で書いたのだけれども、悲しみのあまり涙で墨がにじみ薄くなったという気持ちを込めているという説もあります。

しかし最近ではお葬式用の香典袋には必ず薄墨で書かなければならない、というわけではなくなってきた傾向もあります。表書きを薄墨で書くならば、現金を入れて香典袋の中に入れる中袋に記入する金額も薄墨で書くことが一般的です。その香典袋が複数人まとめたものであれば、中袋の連名者の姓名も薄墨で書かなければ統一性が取れません。しかし中袋には黒のマジックペンなどを使って記入する場合が増えています。

現在でもお葬式の香典袋は薄墨でなければ礼を失すると考えている方も多いため、可能であれば薄墨を使用すると良いでしょう。昨今は薄墨専用の筆ペンも販売されているので一本家庭に置いておくことをお勧めします。

キリスト教のお葬式で用いる香典袋に相当するものには、たいてい十字架が描かれています。百合の花が描いてあるものもあります。神式のお葬式で供える香典袋は無地の熨斗袋に白黒双白双銀の水引を用いるのが一般的です。表書きは玉串料や御神前、御榊料などと書きます。キリスト教の場合は薄墨を意識する必要はありませんが、神式は薄墨が推奨されます。